ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 天守の残る唯一の山城 備中松山城 > 備中松山城 大池の水を抜いています!!
大政奉還150周年記念プロジェクト
備中松山城
見どころ
歴史
問い合わせ
アクセス

unkainavi

高梁いんふぉ

たかはしナビアイコン

備中松山城には、たかはし☆ナビで行こう!

携帯電話のGPS機能を利用し、現在位置から一番近い観光地や景勝地の紹介、地図表示をします。地図アプリにより、目的地までの案内も可能です。


備中松山城 大池の水を抜いています!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

大池が見ごろです

 高梁市では、平成28年度より備中松山城天守(小松山城跡)の北側に位置する大池周辺の環境整備事業を実施しており、池内部の発掘調査も実施しているところです。

 平成29年度も池内部の発掘調査を実施しています。

 発掘調査を実施するにあたり、池内部の水を抜いています。内部に水が溜まっていない状況を見ていただく、絶好の機会ですので、ぜひ備中松山城にお越しいただいた際には、大池にお立ち寄りください。

 発掘調査は、12月までの予定です。発掘調査の成果につきましては、またお知らせする予定です。

溜まっている状況抜いている状況

池に水が溜まっている状況

水を抜いている状況(現状)

大池

 石垣で囲まれた四角い池です。

 地元では「血の池」と呼ばれ、人の首や戦で使われた刀を洗ったと伝えられています。別名「首洗いの池」。

 山中に数か所ある水利のうち、最大のもので、総石垣の人工の池です。

 江戸時代の絵図には、屋根がかけられ、小舟が浮かべられていたものもあります。

大池の場所

 天守から北側へ遊歩道を20分ほど歩くと大池に到達します。

 市道楢井松山城線終点(雲海展望台先の自動車回転場)から遊歩道を20分ほど歩くと大池に到達します。