ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

議会の役割

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月1日更新

 わたしたちが生活している高梁市を快適で住みよいまちにするためには、高梁市をどうしたらよいかを皆さんで話し合い、実行していくことが大切です。しかし、市民の皆さんが全員集まって話し合うことは現実的には不可能なことです。そこで、皆さんの代表者である市長と市議会議員を直接選挙で選び、その市議会議員が市民の願いを市政に反映するため市議会を構成し、市民生活の向上に努めています。市議会議員も市長も4年ごとに選挙されます。市民の代表として市長には自治体運営の執行を、議員で構成する議会には自治体運営の方針や施策の決定にあたっての審議や監視がゆだねられています。たとえば、市議会は市長が市政を行うのに必要な予算や条例などを審議し決めています。このため、議会は議決機関と呼ばれ、また、市長は議会の意思に沿って市政を進めていきます。このため、市長は執行機関と呼ばれています。市議会と市長は、お互いに独立した対等な関係で、それぞれが住人の信託に基づき、協力し合い、けん制し合いながらも、明るく住みよいまちにするために活動しています。                                                                                     

 市民と議会と市長の関係図

市議会には法律によって多くの権限が与えられています。主なものは、次のようなものです。

 1 条例を制定、改正、廃止すること。

 2 予算を決めること。

 3 決算を認めること。

 4 契約の締結を認めること。

 5 副市長・教育委員・監査委員などの選任に同意すること。

このほか、議長・副議長の選挙、国・県などへの意見書の提出、執行機関に対する調査・検査権などがあります。