ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市教育委員会 > 地(知)の拠点事業企画展「高梁の仏画-涅槃図を中心に-」【3月8日(水曜日)~19日(日曜日)】

地(知)の拠点事業企画展「高梁の仏画-涅槃図を中心に-」【3月8日(水曜日)~19日(日曜日)】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月17日更新

 吉備国際大学は、文部科学省が実施する「地(知)の拠点整備事業」に採択されており、吉備国際大学文化財学部では、その一環として涅槃図を中心に高梁市の仏画の所在調査を行っています。

 今回の企画展は、この取組みの中間報告として実施されるもので、市内の国・県・市指定の重要文化財に指定されている仏画と市内のお寺が所有している涅槃図の実物や写真画像が展示されます。

 市内の仏画や仏教美術を観賞する良い機会となりますので、ぜひお越しください。

「高梁の仏画-涅槃図を中心に」 実作品と写真画像から再発見する地域の文化財

 会場       高梁市歴史美術館 市民ギャラリー 高梁の仏画

             (高梁市文化交流館2階 高梁市原田北町1203-1 電話0866-21-0180) 

 期間       平成29年3月8日(水曜日)~3月19日(日曜日)  

              ※3月14日(火曜日)は休館です。

           開館時間 9時00分~17時00分

 入場料      無料

 関連行事    ギャラリートーク  3月11日(土曜日)  

              (1)10時00分~ (2)14時00分~ 各回約45分

 主催       吉備国際大学

 共催       高梁市教育委員会

 協力       観泉寺 巨福寺 寿覚院 浄明寺 定林寺 大福寺 宝妙寺 頼久寺

 お問い合わせ 吉備国際大学 地域連携センター  電話 0866-22-9050

 ※この事業は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)に
   吉備国際大学が「だれもが役割のある活きいきした地域の創成」というテーマで採
     択され、支援を受けているものの一環です。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)