ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市教育委員会 > 「松山踊り」の高梁市指定重要無形民俗文化財への指定について

「松山踊り」の高梁市指定重要無形民俗文化財への指定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月23日更新

 平成29年2月23日に開催されました教育委員会において、「松山踊り」が高梁市指定重要無形民俗文化財に指定されましたので、お知らせします。

指定の内容

 1 指定する文化財の名称  松山踊り

 2 指定種別           高梁市指定重要無形民俗文化財

 3 保持者の名称        松山踊り実行委員会事務局((一社)高梁市観光協会)

 4 指定理由            松山踊りのうち、「地踊り」については、慶安元年(1648)に備中松山藩主水谷勝隆が
                   五穀豊穣と町家繁栄を祈って、踊らせたことに始まると言われている。
                     「仕組踊り」は、延享元年に伊勢国亀山から当地へ移封となった藩主板倉勝澄が、藩
                   士の子弟に踊らせた尚武の踊りに始まるとされ、演目は歴史上の著名な事柄を題材とし
                   た士気を鼓舞するものであった。
                     また、「ヤトサ」は、旧川上郡・上房郡内に伝来された踊りであるが、平易な旋律、軽快
                   なリズムで踊り手の間で人気が高まり、昭和初期以降に新たに高梁で踊られるようになっ
                   たといわれ、しだいに松山踊りの中に定着していったと考えられる。
                     このように松山踊りの内容は、さまざまな背景のもので成立しており、時代の流れの中
                   で変容はあるものの、現在まで伝統的な民俗として踊り継がれる歴史的に価値の高い盆
                   踊りである。

写真

 
地踊りヤトサ仕組

地踊り

ヤトサ踊り

仕組踊り