ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 吉備川上ふれあい漫画美術館 > 漫・賀・年賀状コンテスト2016入賞者決定

漫・賀・年賀状コンテスト2016入賞者決定

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月21日更新
今年の干支「申(さる)」をテーマにした「漫・賀・年賀状コンテスト2016」。
全国から482点の力作が寄せられ、漫画家・南一平さんによる審査の結果、入賞作品12点が決定しました。

入賞作品

漫・賀・大賞

     黒田富士雄さん(81歳)(静岡県静岡市)
漫・賀・大賞

漫・賀・準大賞

     松井夕陽香さん(中学2年生)(岡山県高梁市)
漫・賀・準大賞

漫・賀・優秀賞

     安岡亜里沙さん(中学2年生)(岡山県高梁市)
優秀賞1
     川上 歩純さん(6歳)(岡山県高梁市)
優秀賞2
     中尾 恵子さん(57歳)(岡山県新見市)
優秀賞3
     戸田 博子さん(61歳)(岡山県笠岡市)
優秀賞4
     島田 愛子さん(小学4年生)(岡山県岡山市)
優秀賞5
     木下 佳威さん(46歳)(奈良県大和高田市)
優秀賞6
     枡田 善久さん(57歳)(愛媛県伊予市)
優秀賞7
     中村 稔さん(74歳)(佐賀県三養基郡)
優秀賞8
     近藤 敏郎さん(62歳)(大阪府箕面市)
優秀賞9
     秋谷 正夫さん(63歳)(千葉県鎌ケ谷市)
優秀賞10

選考審査会

平成28年1月20日に、漫画家南一平審査員による審査選考会が行われました。
選考会写真
南一平審査員による選考状況

審査講評

 全体を通して、2015年を象徴するような出来事を取り上げた作品が多く、昨年を回顧しながら入賞作品を選びました。
 中でもラグビーの五郎丸選手や、「見ざる、言わざる、聞かざる」を題材にした作品が多かったように感じます。
 大賞作品は、明るさがとてもうまく表現されている一方で「サルまね」というスパイス(皮肉)も織り交ぜており、大変面白い作品です。
 準大賞作品は、同じテーマを扱った作品が多い中で、ベストの作品でした。丁寧できっちりと描かれています。また、オチの部分の見せ方がはっきりしているのがとても印象的でした。
 今回が13回目のコンテストでしたが、前回(12年前)の作品と見比べてみて、時代を感じていただけると面白い発見があるかもしれません。

作品展示会

今回応募いただいた全作品を一堂に展示します。

期間

平成28年1月30日(土曜日)から平成28年3月6日(日曜日)まで

毎週金曜日は休館します。

会場

吉備川上ふれあい漫画美術館 
 1階 展示室