ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

患者さんへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月24日更新

高梁市国民健康保険成羽病院患者権利憲章

 当院は昭和29年創立以来、公立病院として「保健・医療・福祉の連携」を病院理念に掲げ、地域医療に貢献する「親しまれ・信頼される」病院として患者さんの立場に立った心温かい医療サービスを以て医療活動を遂行し、人間尊重の医療を行う病院を目指してまいりました。皆さんのかけがえのない生命と健康を守ることを使命とする当院では、このような考えに基づき、ここに「高梁市国民健康保険成羽病院患者権利憲章」を制定いたします。

1、患者さんは、個人として常にその人格を尊重され、平等に最良の医療を受ける権利があります。
2、患者さんは、自分が受ける治療や検査の必要性や危険性、他の治療法の有無などについて、わかりやすい説明を受ける権利があります。
3、患者さんは、当院で受けた検査の結果や治療法の説明に対して、他の施設の医師の意見を参考にする権利があります。
4、患者さんは、治療法などを自らの意思で選択できる権利があります。また、医療機関を選択し、転退院をする権利があります。
5、患者さんは、自分の診療記録の開示を求める権利があります。
6、患者さんは、個人の情報やプライバシーについて保護される権利があります。
7、患者さんは、意識不明かその他の理由で意思を表明できない場合は、法律上の代理人が可能な限りインフォームド・コンセントを得る権利があります。
8、患者さんは、医療提供者に対し、自らの健康等に関する情報をできるだけ正確に伝える責務があります。
9、患者さんは、お互いに快適な療養生活を送るために、定められた規則を守る責務があります。

患者さんへのお願い

・ 診療を受けるにあたって、健康状態、お薬の服用状況、その他必要なことは、情報提供していただくようお願いします。
・ 診療は患者さんと協働して行いますので、積極的に診療にご参加ください。
・ 病院のルールを守り、他の患者さんのご迷惑にならないようご協力ください。
・ 公立病院として、将来を担う看護学生などの臨床実習を行っています。ご理解、ご協力をお願いいたします。