ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 県内で火災による死者が多発
高梁市消防本部

県内で火災による死者が多発

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月7日更新

岡山県内で火災が相次ぎ死者も最多ペース

4月5日夜から6日未明にかけて、県内で建物火災が相次ぎ真庭市では2日間で4人が亡くなっています。

県内では今年、火災による死者が20人になり、過去最多だった平成18年に並ぶペースとなっていて厳重な注意が必要です。

高梁市でも4月6日現在で11件の火災が発生し、昨年の同時期に比べ4件多い状況です。

日頃から火災予防を心がけていただいているところですが、適切な火の取り扱いをお願いします。

住宅火災から身を守るためには、住宅用火災警報器の設置が最も効果的です。設置が不足していないか?故障していないか?など、確認をお願いします。

住宅用火災警報器についてはこちらから

   
平成29年の火災発生状況(4月6日現在)と昨年同時期の比較
 平成28年平成29年増減
種別建 物3 5 2
林 野1 5 4
車 両0 0 0
その他3 1 △ 2
7 11 4
 死 者1 0 △ 1
負傷者0 2 2
bouka