ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 小学生と地域の消防団が消防訓練
高梁市消防本部

小学生と地域の消防団が消防訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月27日更新

巨瀬小学校で地元消防団員とのふれあい体験が実施されました

 10月26日(木曜日)巨瀬小学校で全校児童と巨瀬幼稚園児が、地震体験をはじめ放水体験や消火器の取り扱いを体験しました。

 この取り組みは、地域の要として活躍されている消防団員の皆さんが地元の児童園児とふれあうことで消防団員の役割を理解してもらい、幼少期からの防火思想の普及を図ることを目的としています。

 子供たちは、顔を知っている近所のおじさんからの指導ということもあり、楽しそうに体験をしていました。

 地震体験では消防本部予防課職員から地震への備えや発生した時の行動について説明を受け、実際に机の下で身を守ることを体験しました。

<体験の模様>

kkose  kose1

kose2  kose3

jisin  jisin1