ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住もうよ高梁 > ひと・まち・自然にやさしい高梁

ひと・まち・自然にやさしい高梁

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月17日更新

中国地方の東部に位置する岡山県は、夏は四国山地に、冬は中国山地によって季節風が抑えられ、年間を通じて天気や湿度が安定している瀬戸内地域にあって、「晴れの国おかやま」の名のとおり温暖で比較的災害の少ない県です。その中でも県中西部にある高梁市は、さらに地震や風水害などの自然災害に見舞われることが少なく、安心して暮らせる地域です。 

西日本の交通の接点としても知られる県都 岡山市とは、JR伯備線や岡山自動車道などで結ばれ、市内には3本の国道が縦横に走り各地からのアクセスも容易です。

また、高梁には、現存12天守のひとつで国重要文化財の「備中松山城」や国重要伝統的建造物群保存地区の吹屋、国重要無形民俗文化財の「備中神楽」や、江戸時代から伝えられている「備中たかはし松山踊り」「成羽愛宕大花火」があり、長い歴史と豊かな伝統文化を受け継ぐ町です。4年制大学のある学園都市でもあり、若い力も集まり、社会人のための学びの場も充実しています。

 高梁市位置図

アクセス(高梁市役所まで)

【鉄道】 
 JR岡山
から伯備線 倉敷駅経由で備中高梁へ、特急やくもで約35分、普通電車(各駅停車)で約55分

【高速道路】 
 中国自動車道経由で岡山自動車道 有漢IC
から国313で市街地まで18km約25分 
 山陽自動車道経由で岡山自動車道 賀陽IC
から国484で市街地まで14km約15分

【飛行機】 
 岡山空港 レンタカーで県道72号(吉備新線)と国道484号経由、車で約40分
 

気候

平均気温 14℃前後

平均雨量 約1,200mm

高原部は夜の気温差が大きく、低地部は比較的※積雪は高台地域で年数回程度 

人口・面積

 人口 34,963人、14,121世帯(平成22年国勢調査) 

 面積 547.01平方キロメートル

産業

主幹産業は農業で、農家数は県内で3番目に多く、農地は県内で5番目の広さです。農地の多くは田んぼで、米のほかに大豆や小豆などが作られています。畑では、トマトやニューピオーネ(ぶどう)を作る人が多く、それぞれ県内で一番広く作られています。
このほか市内には、約590の店舗と商店街が4カ所あり、市内の工場では、主に自動車部品や金属製品などが作られています。

【高梁市のトマト】甘くてみずみずしい「 桃太郎トマト」が、市内で広く作られています。トマトは雨が少なく晴れの日が多いところでおいしく育つので、高梁はトマト作りにピッタリです。夏ごろからぐんぐんとおいしさと栄養を増していき、7月~11月に収穫されます。 収穫されたトマトは県内のほか、大阪、京都、神戸などにもたくさん出荷されています。

【高梁市のピオーネ】大きな粒で甘くておいしい、種のないブドウです。昼と夜の気温の差を利用し、太陽の光をたくさん浴びると、甘くおいしくなるので、市内の高原地の山の傾斜を生かした畑で作られています。8月~11月まで収穫され、東京などの関東地方や大阪などに出荷され、高級な贈り物として人気があります。

ピオーネトマト

その他、暮らしの情報(H26年1月現在)

【買い物】 
 大型スーパー2店舗、コンビニエンスストア9店舗、ホームセンター3店舗、家電量販店2店舗 

【医療】
 病院5院、診療所34院、歯科13院

【教育】
 幼稚園13園、小学校20校、中学校7校、県立高等学校2校、市立高等学校2校、私立高等学校1校
 私立高等専門学校1校、私立短期大学部1校、私立大学1校

【子育て】
 市立保育園7園、私立保育園2園、子育て支援センター(吉備国際大学内)

関連情報リンク 

高梁市のイメージ動画はこちら
イメージ動画


ページトップにもどる
前のページにもどる