ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住もうよ高梁 > 「住みたいまち高梁」創造ネットワークが設立しました

「住みたいまち高梁」創造ネットワークが設立しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月27日更新

定住推進に向けて官民連携 「住みたいまち高梁」創造ネットワークを設立

本市の人口は、合併以降、毎年約600人ずつ減少を続け、平成24年3月末で33,552人となっており、その影響が地域活力の低下に及ぶことが強く危惧されます。

定住推進は市全体の共通課題であるため、人口減少に対する危機感を共有し、その対策に取り組もうとする意思のある団体が相互に連携し、それぞれの特性を生かしながら、全市的な定住推進の取組を強力に推進するため、平成24年6月1日に高梁商工会議所備北商工会びほく農業協同組合、高梁市の4団体で「住みたいまち高梁」創造ネットワークを設立しました。

現在、定住に関するニーズ調査や課題整理を行ないつつ、効果的な定住支援施策やPR方法の検討などに取り組んでいます。

設立会議の様子

構成団体ホームページへのリンク

高梁商工会議所備北商工会JAびほく

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップにもどる
前のページにもどる