ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 高梁市橋梁長寿命化修繕計画

高梁市橋梁長寿命化修繕計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月1日更新
あいあい橋 (Jpg/531KB)
あいあい橋 (Jpg/531KB)
大きな画像のダウンロード


 

1)事業概要

 高梁市が管理する橋長15m以上の道路橋梁は、143橋(平成22年5月末現在)あり、このうち架設後50年を経過した『高齢化橋梁』は13橋あり、全体の9.1%を占めています。この割合10年後32.9%、20年後には64.3%と増加する見込みであり、急速な橋梁の高齢化が備え、今後補修補強を行うための費用が、大幅に必要となることが予想されます。

 このため、高齢化した橋梁に対して、適切な点検と評価に基づく補修補強を実施することにより、橋梁の長寿命化を図り、道路橋梁の安全・安心を確保するとともに、今後増加が見込まれる橋梁の補修補強費用を可能な限り低減するために、高梁市では橋梁長寿命化修繕計画に取り組んでおります。

 

 

 2)長寿命化修繕計画の対象橋梁

 

一級市道

二級市道

その他市道

合計

全体管理橋梁数

13

16

114

143

 

計画の対象橋梁数

13

16

113

142

 

これまでの計画策定橋梁数

 

11

19

H21年度計画策定橋梁数

 

 

26

36

 

○長寿命化修繕計画の対象

  高梁市が管理する橋長15m以上の橋梁(木橋を除く)

 

 

3)健全度の把握および日常的な維持管理に関する基本的な方針

 

1.健全度の把握と基本的な方針

 健全度の把握については、橋梁の架設年度や立地状況等を十分考慮して実施するとともに岡山県道路橋梁点検マニュアルに基づいて定期的に点検を実施し、橋梁の損傷を早期に把握する。

 

2.日常的な維持管理に関する基本的な方針

 橋梁を良好な状態に保つため、日常的な維持管理として、パトロール等の実施を徹底する。

 

 

4)対象橋梁の長寿命化および修繕・架替えに係る費用の縮減に関する基本的な方針

 健全度の把握および日常的な維持管理に関する基本的な方針に基づき、予防的な保全を行うことで、修繕・架替えに係る事業費の大規模化および高コスト化を回避し、ライフサイクルコストの縮減を図っていきます。

 


 
 
 ダウンロード   平成21年度点検結果 (PDF/62KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)