ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり課 > 市営住宅について(入居者資格など)

市営住宅について(入居者資格など)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新
  1. 入居者資格
  2. 入居者の選考方法
  3. 住宅の家賃
  4. 住宅の敷金
  5. 連帯保証人
  6. 住宅の駐車場
  7. 住宅の共益費
  8. 市が管理するその他の住宅

市営住宅とは

住宅に困窮する低額所得者に対して低廉な家賃で賃貸する住宅です。
住宅の建設・維持管理に国費と市費を費やしています。
民間の賃貸住宅とはその性格が異なり、法律や条例などにより、入居者資格のほか、いろいろな制度や義務が定められています。

入居者資格

市営住宅に申し込みできる方は以下の条件を満たす方です。

  1. 政令月収(※1)が15万8千円以下である方(裁量世帯(※2)21万4千円以下)
  2. 住宅困窮が認められる方
  3. 市町村税を滞納していない方
  4. 暴力団員でない方

注意:単身では入居できない住宅がありますので、詳しくはお問い合わせください。

(※1)政令月収・・・入居しようとする者全員の所得の合計額から、扶養控除等を行い、12で除した額
(※2)裁量世帯・・・高齢者のみの世帯、障害者のいる世帯、中学校卒業前の子どものいる世帯、
            高梁市都市計画区域外の住宅に入居する世帯など
            詳しくはお問い合わせください。

入居者の選考方法

市営住宅に空家が発生してから募集を行います。
空家の状況により、年3回(5月、9月、1月)の定期募集を行います。
募集情報は、広報紙・高梁市ホームページ・行政チャンネル等でお知らせします。

  →公営住宅募集情報のページはこちら

同一の部屋への申込者が複数の場合は入居者選考審議会に諮り入居者を選考します。
定期募集で応募のなかった住宅については、随時先着順により申し込みを受け付けています。
この場合は、書類審査により入居者を選考します。

住宅の家賃

市営住宅の家賃は、以下の4点で決定されます。

  1. 入居する世帯の収入
  2. 入居する住宅の広さ
  3. 入居する住宅の建設年度
  4. 入居する住宅の設備等

入居後の家賃は毎年7月に収入申告をしていただき、家賃を算定します。
収入申告を行わないと、近傍同種の家賃(最高額)となります。

住宅の敷金

市営住宅の敷金は入居時の家賃の3カ月分に相当する金額です。

連帯保証人

市営住宅の入居に際して、以下の条件を満たす連帯保証人2名と連名の契約書の提出が必要です。

  1. 原則、高梁市内に住所を有する方
  2. 入居世帯と同程度以上の所得を有する方(保証能力のある方)
  3. 独立の生計を営む方(同一世帯から2名の連帯保証人は認められません)
  4. 公営住宅に入居している方は原則認められません

勤務先など、法人(会社)も連帯保証人になることができます。
 必要な書類
  1. 登記事項証明書
  2. 印鑑証明書
  3. 財務諸表の写し(※貸借対照表、損益計算書等)
  4. 納税証明書

住宅の駐車場

駐車場のある住宅については1戸あたり1台のみ確保しています。
2台以上お持ちの方は、各自で駐車場を確保してください。
住宅によっては、家賃とは別に駐車場使用料が必要です。
詳しくはお問い合わせください。

住宅の共益費

市営住宅では家賃のほか、住宅ごとに共同施設の維持及び運営に要する費用が必要です。
町内会(住宅)ごとに異なりますのでご確認ください。
給水装置や汚水処理施設の維持管理費については、管理費から算定した共益費を市が徴収します。

市が管理するその他の住宅

高梁市には、市営住宅のほか、次のような住宅があります。
入居者資格等は市営住宅とほぼ同じですが、異なる要件があります。

  →その他の住宅について

単独住宅

   所得要件         10万4千円超
   同居者要件        同居親族のある方(居室が2室以下は単身入居可)
   住宅困窮要件     なし(自ら居住する住宅を必要とすること)

特定公共賃貸住宅 

   所得要件        15万8千円以上25万9千円以下
   同居者要件      同居親族が必要(単身入居不可)
   住宅困窮要件     なし(自ら居住する住宅を必要とすること)

地域優良賃貸住宅

   所得要件       15万8千円(40歳未満は12万3千円)以上48万7千円以下
   同居者要件       18歳未満の同居親族が必要(単身入居不可)
   住宅困窮要件     なし(自ら居住する住宅を必要とすること)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)