ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり課 > 高梁市建築物耐震診断等事業

高梁市建築物耐震診断等事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月13日更新

高梁市建築物耐震診断等事業費補助金の申し込みについて

  この事業は、地震に対する建築物の安全性の向上を図るため、高梁市内に存する民間の建築物の耐震診断等に要する経費の一部を予算の範囲内において補助するものです。

木造住宅耐震診断事業

補助対象となる建物

  次に掲げる要件のすべてに該当する住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に着工された一戸建ての住宅。(店舗、事務所等住宅以外の用途を兼ねる住宅にあっては、住宅以外の用途の床面積が2分の1未満のもの。) 
  2. 構造が丸太組工法及び特殊な材料または構造方法による工法以外の木造であるもの 。
  3. 2階建て以下のもの。

耐震診断の概要

  県知事の登録を受けた木造住宅耐震診断員が、岡山県木造住宅耐震診断マニュアルに基づき、木造住宅の地震に対する安全性の評価等を行います。また、耐震診断を受けた結果、耐震性がない(上部構造評点が1未満)と判定された場合、耐震性を確保するため補強計画を作成します。

補助金額

 〇現況診断(一般診断法・補強計画):60,000円(自己負担額10,000円)
   ※延べ床面積が200平方メートルを越える住宅は100平方メートルごとに8,000円を加算します。(自己負担額1,000円増加。86,000円を補助限度額とします。)
 〇現況診断(簡易診断):40,000円(自己負担額2,000円)
   ※補強計画を行う場合は、一般診断または精密診断による現況診断が必要となります。
 〇現況診断(精密診断):補助対象経費の3分の2以内。(86,000円を補助限度額とします。)

戸建て住宅耐震診断事業

補助対象となる建物

  昭和56年5月31日以前に着工された木造以外の一戸建ての住宅。

耐震診断の概要

  県知事が指定した建築士事務所が、国の指針に基づき耐震診断等を行います。

補助金額

  補助対象経費の3分の2以内。(86,000円を補助限度額とします。)

建築物耐震診断事業

補助対象となる建物

  昭和56年5月31日以前に着工された一戸建て以外の住宅及び住宅以外の建築物。

耐震診断の概要

  県知事が指定した建築士事務所が、国の指針に基づき耐震診断等を行います。

補助金額

  補助対象経費の3分の2以内。(指示対象建築物は3,000千円、その他は1,500千円を補助限度額とします。)

申し込み方法

  高梁市建築物耐震診断等事業費補助金交付申請書に必要書類を添付して提出して下さい。
  詳細は、まちづくり課住宅係にご相談下さい。