ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康づくり課 > B型肝炎予防接種について

B型肝炎予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月15日更新

予防接種施行令等の改正にあたり、高梁市ではB型肝炎ワクチンが平成28年10月1日より、定期・任意接種になります。
合計3回の接種を終えるまでおよそ半年間かかります。
助成期間を過ぎると自費になりますので、接種を希望する人は、次のことに注意して接種を受けてください。

・B型肝炎予防接種について

・B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
B型肝炎ウイルスの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染が続いてしまう場合(キャリアという状態)があります。
キャリアになると慢性肝炎を起こし、そのうち一部の人は、肝硬変や肝がんなど命に関る病気を引き起こす事もあります。

・予防法

B型肝炎ワクチンを受け、免疫ができることでキャリアになることを予防でき、周りの人への感染も防ぐことができます。
抵抗力(免疫)ができやすい乳幼児期早期(接種対象期間内)に接種しましょう。
*予防接種を受けてもお子さんの体質や体調により免疫ができないこともありますのでご了承ください。

・接種開始時期

 平成28年10月1日(土曜日)~

・対象者

 *原則として生後2ヶ月~1歳未満での接種です。

 しかし、3歳まではB型肝炎ワクチンの接種効果が高く免疫獲得率が高いとして、H29年9月30日までは高梁市の単独事業(任意接種)として対象者を拡大しています。
 なお、平成28年4月1日~平成28年9月30日生まれのお子様は
接種期間が短かいため、平成29年9月30日まで高梁市の単独事業(任意接種)として助成の期間を延長しています。

 *任意接種:高梁市単独の拡大措置による接種、定期接種:国の予防接種法に基づく接種

対象者接種期間自己負担額市の助成額備考

 H26年4月1日~

H28年3月31日生まれの児

H28年10月1日~

H29年9月30日

接種料金から公費負担額を

引いた額(2.000円程度)

4,950円

任意接種

H28年4月1日以降に生まれた児で2ヶ月

~1歳未満の児

H28年10月1日以後

            0円

6,950円

定期接種

H28年4月1日~

H28年9月30日生まれの児

H29年4月1日~

H29年9月30日

            0円

6,950円

任意接種

*B型肝炎ワクチン(定期)のみ、県内相互乗り入れ制度が利用できます。
 県内相互乗り入れ制度とは、慢性的な病気等でかかりつけの病院が高梁市以外にある場合や、医学的な理由により高梁市以外の岡山県内の病院で予防接種を受ける場合は無料で受けられます。
 ただし、利用できない医療機関もありますので詳しくはお問い合わせください。

・接種回数

合計3回

(27日以上の間隔で2回、初回接種から139日以上経過した後に1回)

*注意:3回の接種を終えるまでおよそ半年間かかります。
 助成期間を過ぎると自費になりますので、接種日程の自己管理が大切です。

 

・接種場所

*B型肝炎ワクチン(定期・任意)は、高梁市が契約した下記の医療機関しか接種できません。
 予防接種を受けるときは、個別接種医療機関をご確認のうえ、接種前に必ず電話予約して受診してください。

医療機関所在地電話番号
尾島クリニック柿木町522-2385
仲田医院落合町阿部189622-0511
中井診療所中井町西方3167-128-2840
成羽病院成羽町下原30142-3111
野村医院巨瀬町165025-0003
藤本診療所松原通211322-3760
まつうらクリニック

成羽町下原1004-1

42-2315
三村医院巨瀬町5085-125-9010

 

・注意事項  

(1)    母子感染予防のため、抗Hbs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けられた場合は、健康保険 が適用されるため、当規定接種の対象外になります。

(2)    医療機関には、子供さんの日頃の様子をよく知っている保護者が同伴してください。

(3)    平成28年9月30日以前にB型肝炎ワクチンを接種した回数は、当規定において接種した回数とみなします。

・持っていくもの

 母子健康手帳、健康保険証