ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 身体障害者手帳の交付について

身体障害者手帳の交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月1日更新

身体障害者手帳とは

身体に障害のある方が、補装具・日常生活用具の給付や更生医療の給付、身体障害者施設への入所など、身体障害者福祉法上の援助を受けたり、税の減免、公共交通機関の割引などの身体障害者に適用される各種制度を利用するために必要な、身体障害者の証明となる手帳です。

対象となる方は

視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体(上肢・下肢・体幹・脳原性運動機能)、心臓機能、腎臓機能、呼吸器機能、ぼうこう、直腸機能、小腸機能、肝臓機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能のいずれか(または複数)に、永続する障害のある方です。 

身体障害者手帳の申請に必要な書類

 (1)身体障害者手帳交付申請書(すでに手帳をお持ちの方は「身体障害者手帳再交付申請書」) 

   所定の欄に、対象となる方の住所、氏名、生年月日を記入し押印してください。

   申請書は市役所にあります。

  (2)身体障害者診断書・意見書(身体障害者福祉法第15条第1項による指定医が診断したもの)

   障害の箇所によって、様式が異なります。該当する様式を市役所でお受け取りください。

   県の指定を受けた医師に記入してもらってください。

   心臓機能障害は心電図の写しが必要です。

  (3)顔写真 

   身体障害者手帳に添付する写真です。    

   写真の大きさは、たてが4cm、よこが3cmです。

   写真は6カ月以内に撮影したもので、白黒・カラーは問いません。

   上半身で脱帽したものです。