ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども未来課 > 幼稚園・保育園・認定こども園の各種手続き

幼稚園・保育園・認定こども園の各種手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月26日更新

市内の幼稚園・保育園・認定こども園に在園中で、退園する場合や世帯状況などが変わった場合は次の手続きが必要です。

退園する時

退園日の2週間前までに、退園届を園に提出してください。退園届は各園にあります。

退園届 [PDFファイル/42KB]

住所・世帯状況などが変わった時

変更のあった日の属する月末までに、変更届を園に提出してください。
世帯状況が変わった場合は、保育料が変わることがあります。

保育の必要な事由が変わった時

2号、3号認定者で、保育の必要な事由に変更があった場合は、変更届を園に届け出てください。
保育の必要な事由が変わると、認定期間(入園承諾期間)が変更になる場合があります。

保育の必要な事由提出書類利用期間例
就 労就労証明書年度末(3月31日)
妊娠、出産母子手帳の写し産前8週から、産後8週が経過する日の属する月の末日
保護者の病気や障害医師の診断書等保育を必要とする期間
同居または長期入院等をしている親族の介護・看護入院証明書と介護・看護状況を証明する書類保育を必要とする期間
災害復旧保育を必要とする期間
求職活動(起業準備を含む)ハローワーク登録証、求職活動状況申告書・状況表等90日が経過する日の属する月の末日
就学(職業訓練校などにおける職業訓練を含む)就学を証明する書類等保育を必要とする期間
虐待やDVの恐れがあること保育を必要とする期間
育児休業中に、すでに保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること就労証明書(育児休業の期間を証明)
その他、上記に類する状態として市長が認める場合

※必要により添付書類の提出が必要な場合があります。

変更届 [PDFファイル/83KB]

就労証明書 [PDFファイル/57KB]

求職活動申告書 [PDFファイル/92KB]

求職活動状況表 [PDFファイル/63KB]

認定期間(入園承諾期間)が変わる例

1.就労している者が、仕事を辞めた場合、保育が必要なくなるため原則退園となります。
2.就労している者が、仕事を辞め、求職活動する場合、退職した日から90日が経過する日の属する月の月末となります。
3.就労している者が、妊娠・出産する場合、出産日から8週が経過する日の属する月の月末となります。
  出産後、育児休暇を取得する場合は、育児休業の取得を証明する書類があれば、認定期間(入園承諾期間)は変わらないことがあります。
4.疾病・障害となった場合には、診断書を提出してください。内容によって、認定期間(入園承諾期間)が変わることがあります。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)