ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 位置情報サービス利用助成金交付事業

位置情報サービス利用助成金交付事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月1日更新

在宅介護の継続と地域での見守り体制の構築を目的として、徘徊高齢者等が所持する、GPS機能のある携帯端末機の導入費用を助成します。なお、助成にあたり、事前に徘徊高齢者等の写真や緊急連絡先等を、高梁市へ登録していただく必要があります。

助成対象者

高梁市内に住民票のある、要介護認定を受けている認知症により徘徊の可能性があると認めらている徘徊高齢者等を、在宅で介護されている市内に住民票のある家族介護者で、以下の要件をすべて満たす方。

(1)徘徊高齢者等の3親等以内の親族であって、現に徘徊高齢者等を介護していること

(2)高梁市が指定する事業者との間で徘徊高齢者等を対象とした位置情報サービスの利用に関する契約を締結していること

助成内容

位置情報サービスの利用に関して必要な加入料金、機器購入その他の初期導入経費(位置情報の利用に係る基本料金、その他経常的経費は対象外)

助成金額

上限額1万円(100円未満の端数は切り捨て)

 詳しくは介護保険課地域包括支援係または各地域局協働推進係

申請書類は、こちらから位置情報サービス利用助成金交付申請書 [Wordファイル/83KB]ダウンロードしてください。