ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 高梁市地域防災計画を改正しました

高梁市地域防災計画を改正しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月12日更新

 高梁市地域防災計画を改正しました

 平成23年3月に発生した東日本大震災以降、災害対策基本法の改正、国の防災基本計画の改正、岡山県の地域防災計画の改正などが行われました。 高梁市でも、このような国や県の動向を踏まえ平成27年11月に高梁市防災会議を開催し、高梁市地域防災計画の改正を行いました。

主な改正点

(1)避難行動要支援者名簿の作成

・高齢者や障害者等の要配慮者を災害から保護するため、避難について特に支援が必要な者の名簿の作成について、避難支援等関係者、名簿に掲載する者の範囲等について定めた。

(2)指定緊急避難場所及び指定避難所の指定

・災害の危険が切迫した場合の一時的な緊急避難先として、災害の種別ごとに基準を満たす施設や場所をあらかじめ「指定緊急避難場所」として指定を進めることを明記した。 また、災害発生時に被災者の避難及び救援を円滑に実施するためには、基準を明確化した上で基準を満たす施設をあらかじめ「指定避難所」として指定を進めることを明記した。

(3)地区防災計画関係

・自助・共助による自発的な防災活動を促進し、地域における防災力を高めるため、市内の地区居住者等から提案があった場合等に、高梁市地域防災計画に地区防災計画を定めることができるものとした。

(4)屋内での待避等の安全確保措置の指示関係

・既に河川が氾濫している場合など、避難場所へ移動することによりかえって危険が生ずる場合があることから、従来の「避難のための立退き」に加え、新たに自宅の上階部分などの一定の安全が確保された屋内に留まる避難行動である「屋内での待避等の安全確保措置」を位置づけた。

本編

表紙・目次 [Wordファイル/64KB]

風水害対策編 [PDFファイル/2.39MB]

震災対策編 [PDFファイル/2.32MB]

資料編 [PDFファイル/2.34MB]

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)