ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

監査の種類

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月10日更新

 高梁市で行う監査には、おもに次のようなものがあります。

 

■例月現金出納検査
監査委員は、高梁市の現金の収入や支出の事務処理が、適正に行われているか等を毎月検査します。

 

■定期監査
毎会計年度一回以上期日を定めて行う監査で、高梁市の全機関における、公金の支出や契約事務など「財務に関する事務」および病院・水道事業など「公営企業の経営に係る事業の管理」について監査を実施しています。

 

■工事監査
監査委員は、工事が設計書どおりに施工されているか等を監査します。

 

■財政援助団体等監査
高梁市が財政援助を行った各種団体等について、出納その他の事務の執行が適正かつ効率的に行われているか等を監査します。

 

■決算審査
市長は、前年度会計の決算について議会の認定を受けるため決算書等を監査委員の審査に付し、その意見をつけて議会に提出しなければなりません。
監査委員は、決算書等の計数を確認し、定期監査等の結果も踏まえ、適正な予算の執行がなされているかを審査します。

  

■健全化判断比率及び資金不足比率審査

監査委員は、市長から審査に付された健全化判断比率及び資金不足比率が関係法令等に基づいて算定されているか等を審査します。

 

 この他にも、監査委員が必要と認めるときに行う行政監査や、市民の人が自ら監査委員に対し請求できる、住民監査請求などがあります。