ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 医療連携課 > 高梁市看護師養成奨学金の貸付制度について

高梁市看護師養成奨学金の貸付制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月15日更新

 高梁市では、地域の医療と福祉の向上を図るため、看護師養成奨学金貸付制度を設けています。

 この制度は、市内の医療機関・福祉施設等に看護師として就職しようとする学生に対し、予算の範囲内で奨学金(無利子)の貸付を行うものです。

 返還期間が貸付期間の3倍に相当する期間に設定されているほか、看護師免許を取得し、学校等卒業後、市内で看護師として勤務した場合は、奨学金の一部または全部が返還免除になるなどの優遇措置があります。

  

 

対象となる人

 ※(1)~(3)のすべてに該当すること

(1)本市に住所および生活の本拠を有している人。またはその人の子弟(県内に住所を有し、市内の看護師養成学校等に、自宅から通学する人も当分の間、対象となります。)

(2)保健師助産師看護師法第21条に規定する文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣が指定した看護師養成所に在学している人

(3)看護師の資格を取得し学校等を卒業した後に、市内の医療機関または福祉施設等に看護師として勤務する意志を持っている人。

 

奨学金の金額

 月額44,000円 (年間528,000円)

 

貸付の回数

 年4回 四半期に分けて貸付

 

貸付の期間

  学校等の所定の修業期間(看護系短期大学3年間、大学4年間、看護専門学校3年間など)

 

募集期間

 平成28年度の募集期間は、4月1日(金曜日)から4月28日(木曜日)までとします。

 定員に達しない場合は、12月20日まで随時受け付けるものとします。

  ・窓口提出の場合は、平日8時30分から17時15分までに提出してください。

  ・郵送の場合は、4月28日(木曜日)の消印まで有効です。

 

貸付人数

 毎年度5人程度を認定

 

奨学金の返還・免除

・卒業後1年を経過した時、または各学校を退学したなどの場合には、貸与を受けた期間の3倍に相当する期間中に返還していただきます。

・卒業後、ほかの看護師学校等に進学している場合や、市内の医療機関や福祉施設等で看護職員の業務に従事している場合などは、返還が猶予されます。

・市内の医療機関や福祉施設等に一定の期間、勤務した場合は、奨学金返還に係る債務の一部または全部が免除されます。

 

その他

・ 奨学金の貸付は、審査の上決定します。申請者全員に貸付けるわけではありませんのでご了承ください。


 詳しくは、看護師養成奨学金貸付条例等をダウンロードしてご覧いただくか、保険課健康保険係へお問い合わせください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)