ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 違反対象物の公表制度が開始されます

違反対象物の公表制度が開始されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月25日更新

 平成30年4月1日から市内の防火対象物に消防が立入検査を行い、重大な消防法令違反が確認された場合、防火対象物の名称・住所・違反内容等を高梁市ホームページに公表する制度が開始されます。

制度の目的

 この制度は、建物を利用する方へ、重大な消防法令違反のある防火対象物情報を公表し、利用者自らがその防火対象物の利用について判断できるようにすることで、火災被害の軽減を図ることを目的としています。

公表の対象となる建物

 この制度に関係する建物は、消防法令上『特定防火対象物』として規定されている飲食店、物品販売店、旅館などの不特定の方が利用する建物や、病院、福祉施設など一人で避難することが困難な方が利用する施設です。

公表の対象となる違反内容

 上記の防火対象物において消防の立入検査を行った際、消防用設備の内、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備のいずれかが設置義務があるのにもかかわらず全く設置されていないければ、公表の対象となります。

注意事項

 建物を所有されている方・管理されている方は、建物の用途変更する場合、または増改築や建物同士を接続させるような改修工事を行う場合、変更・改修によって屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備が必要となってしまう場合がありますので、必ず消防本部予防課までご相談ください。