ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 鳥インフルエンザに関する情報

鳥インフルエンザに関する情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月18日更新

 笠岡市内において高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。

 これまで鶏卵・鶏肉を食べることなどにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した例は報告されていません。根拠のない噂などにより混乱することがないよう、冷静な対応をお願いします。
 また、現在、流通しているもの、今後流通するものを食べても問題はありませんので、ご安心ください。

飼っている鶏等の扱いについて

 家庭などで飼育されている、鶏や小鳥が直ちに危険になることはありません。ただし、飼っている鶏や小鳥が野鳥と接触しないよう、鳥小屋での飼育や覆いをするなどの処置をお願いします。
 万一、飼っている鶏の異常死や、同じ時期に大量に死んだという情報がありましたら、高梁家畜保健衛生所(電話0866-22-2077)へお知らせください。

 高病原性鳥インフルエンザについての情報は、下記からご覧ください。